26日午前の東京市場でドル・円は底堅く推移し、136円40銭付近でのもみ合いに。日経平均株価の一段安は抑制され、日本株安を嫌気した円買いは限定的に。一方、日米中銀による金融政策の方向性の違いから、ドル・円は引き続き下げづらい値動き画予想される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円27銭から136円67銭、ユーロ・円は139円33銭から139円69銭、ユーロ・ドルは1.0216ドルから1.0238ドル。