26日午前の東京市場でドル・円はもみ合いとなり、136円30銭台で推移する。米10年債利回りの弱含みで全般的にややドル売りに振れ、主要通貨は対ドルで上昇基調に。その影響でクロス円も堅調となり、ドル・円をけん引。一方、上海総合指数は方向感が乏しい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円27銭から136円67銭、ユーロ・円は139円33銭から139円73銭、ユーロ・ドルは1.0216ドルから1.0250ドル。