26日午前の東京市場でドル・円は136円30銭台と、動意の薄い値動きとなった。全般的に様子見ムードが広がるなか、レンジ内でのもみ合いに。米10年債利回りの低下を背景としたドル売りはいったん収束し、ユーロ・ドルは1.02ドル台前半に失速している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円27銭から136円67銭、ユーロ・円は139円33銭から139円73銭、ユーロ・ドルは1.0216ドルから1.0250ドル。