26日午前の東京市場でドル・円は底堅く推移し、136円40銭台にやや値を上げた。日経平均株価は前引けにかけて前日終値付近まで下げ幅を縮小し、円買い後退がドルを支えた。一方、米10年債利回りの低下は一服しており、ドル売りはいったん収束。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円27銭から136円67銭、ユーロ・円は139円33銭から139円77銭、ユーロ・ドルは1.0216ドルから1.0250ドル。