26日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、136円60銭付近に値を上げた。米10年債利回りは持ち直し、ややドル買いの流れ。一方、時間外取引の米株式先物は下げ幅を拡大し、今晩の株安を警戒した円買いが欧州やオセアニアの主要通貨の重石に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円27銭から136円67銭、ユーロ・円は139円33銭から139円77銭、ユーロ・ドルは1.0216ドルから1.0250ドル。