28日午後の東京市場でドル・円は135円40銭台と、ほぼ変わらずの値動き。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定を受け、ドル売り優勢でユーロ・ドルは1.02ドル台に浮上。ただ、本日アジア市場では1.02ドル付近と、上値の重さが目立つ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は135円11銭から136円58銭、ユーロ・円は137円92銭から139円41銭、ユーロ・ドルは1.0180ドルから1.0222ドル。