米4−6月期GDP速報値の結果を受けてバイデン大統領やイエレン財務長官が会見を実施した。4−6月期GDP速報値は予想外に1−3月期に続きマイナス成長に落ち込みテクニカルリセッション入りが警戒されている。バイデン政権は、景気後退入りではないと主張。イエレン長官は、「米国経済は弾力性がある」とし、安定し、堅調な成長への移行の過程と説明した。



ドル・円は134円40−45銭と安値を探る展開。ユーロ・ドルは1.0167ドルへじり高推移した。