29午後の東京市場でドル・円は132円90銭台から133円台前半に浮上したが、戻りは限定的。米10年債利回りの先安観からドル買いは入りづらく、主要通貨は対ドルで上昇基調を維持する。一方、欧州通貨も減速懸念で買いづらく、ドルをサポートする。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円96銭から134円64銭、ユーロ・円は135円91銭から137円32銭、ユーロ・ドルは1.0185ドルから1.0223ドル。