<円債市場>

長期国債先物2022年9月限

寄付150円52銭 高値150円58銭 安値150円43銭 引け150円51銭

売買高総計16273枚



2年 438回 -0.090%

5年 153回 -0.025%

10年 367回  0.185%

20年 181回  0.850%



債券先物9月限は、150円52銭で取引を開始。米国の4-6月期GDP速報値の2期連続マイナス成長を受けて、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペース減速の見方が強まったことで買いが先行し、150円58銭まで上げた。その後、米長期金利が一時上昇するなかで売られ150円43銭まで下げたが、米長期金利が低下に転じ、ドル・円相場では円高が進行し、買いが再燃した。現物債の取引では、全年限が買われた。



<米国債概況>

2年債は2.83%、10年債は2.69%、30年債は3.05%近辺で推移。

債券利回りはまちまち。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は0.88%、英国債は1.91%、オーストラリア10年債は3.05%、NZ10年債は3.39%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・17:30 英・6月住宅ローン承認件数(予想:6.50万件、5月:6.62万件)

・18:00 ユーロ圏・7月消費者物価指数速報値(前年比予想:+8.7%、6月:+8.6%)

・18:00 ユーロ圏・4-6月期GDP速報値(前年比予想:+3.4%、1-3月期:+5.4%)

・21:00 南ア・6月貿易収支(予想:+212億ランド、5月:+283億ランド)

・21:30 米・6月個人所得(前月比予想:+0.5%、5月:+0.5%)

・21:30 米・6月個人消費支出(PCE)(前月比予想:+0.9%、5月:+0.2%)

・21:30 米・6月コアPCE価格指数(前年比予想:+4.7%、5月:+4.7%)

・21:30 米・4-6月期雇用コスト指数(前期比予想:+1.2%、1-3月期:+1.4%)

・22:45 米・7月シカゴ購買部協会景気指数(予想:55.0、6月:56.0)

・23:00 米・7月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値(予想:51.1、速報値:51.1)