欧州市場でドル・円は下げ渋り、133円20銭台で推移。18時に発表されたユーロ圏消費者物価指数や域内総生産は予想を上回り、域内経済の減速を懸念したユーロ売りは後退。また、欧米株価指数は堅調地合いとなり、今晩の株高を期待した円売りが主要通貨を支える。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円75銭から133円12銭、ユーロ・円は135円54銭から136円12銭、ユーロ・ドルは1.0202ドルから1.0236ドル。