米7月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値は51.5と、予想外に速報値51.1から上方修正された。過去最低となった5月50から上昇。ミシガン大学1年期待インフレ率確報値は5.2%と、速報値から変わりなし。5-10年期待インフレ率確報値は2.9%と、予想外に速報値2.8%から上方修正された。しかし、6月3.1%からは低下し年初来で最低となった。



米国債相場は伸び悩み。10年債利回りは再び2.7%割れで推移。ドル・円は134円00銭を挟むもみ合いとなった。ユーロ・ドルは1.0150-55ドルの安値圏でのもみ合いが続いた。



【経済指標】

・米・7月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値:51.5(予想:51.1、速報値:51.

1)

・米・7月ミシガン大学1年期待インフレ率確報値:5.2%(予想:5.2%、速報値:5.2%)

・米・7月ミシガン大学5-10年期待インフレ率確報値:2.9%(予想:2.8%、速報値:2.8%)