1日午後の東京市場でドル・円は132円半ばと、戻りが鈍い。午前中は中国経済指標の低調な内容でリスク回避の円買いが膨らみ、ドルは132円付近まで押し下げられた。その後は小幅に持ち直したが、米株式先物は軟調で今晩の株安への警戒感からドルの戻りは限定的に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円07銭から133円56銭、ユーロ・円は135円15銭から136円34銭、ユーロ・ドルは1.0192ドルから1.0241ドル。