欧州市場でドル・円は132円30銭台と、安値圏でのもみ合い。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペース鈍化の思惑で、米金利低下を手がかりにドル売りへ振れやすい。一方、主要通貨は対ドルで上昇基調を維持し、対円でも高値圏で推移している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円25銭から132円66銭、ユーロ・円は135円58銭から135円87銭、ユーロ・ドルは1.0226ドルから1.0267ドル。