NY外為市場では地政学的リスクを警戒し、リスク回避の動きが優勢となった。

ペロシ米下院議長が中国の警告にもかかわらず、2日夜に台湾到着、3日に議員と会合する計画が報じられた。

中国は、もし、ペロシ下院議長が台湾を訪問したら、同議長の飛行機を打ち落とすと警告している。



米株先物は下げ幅を拡大。ダウ先物は165ドル安で推移した。米国債相場は再び上昇。10年債利回りは2.69%から2.64%まで低下した。

ドル・円は132円50銭から131円92銭まで下落。ユーロ・ドルは1.0230ドルから1.0250ドルまで上昇した。ユーロ・円は135円40銭から135円01銭まで下落し、5月25日来の安値を更新。