日経平均は243円安(9時15分現在)。今日の東京株式市場は売りが先行した。昨日の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)が下落したことが東京市場の株価の重しとなった。また、外為市場で1ドル=131円30銭台と昨日15時頃に比べ1円20銭ほど円高・ドル安に振れたことが東京市場の輸出株などの株価を抑えた。さらに、このところ日経平均は底堅い一方、心理的な節目とされる28000円近辺で押し戻される展開が続いており、上値の重さを指摘する向きもあった。一方、主要企業の4-6月期決算発表が続いており、好業績銘柄への物色意欲が引き続き株価支援要因となった。また、米金融引き締めへの過度な警戒感が緩和する中、昨日の海外市場で米長期金利が低下したことも株価を支える要因となったが、寄付き段階では売りが優勢だった。寄り後、日経平均は下げ幅を広げている。