2日午後の東京市場でドル・円は弱含み、130円50銭台で推移する。豪準備銀行は本日の定例会合で0.50%の利上げを決定したが、今後の引き締めに前向きな見解を示さなかったことから豪ドル・円は続落。クロス円をけん引し、ドル・円も下押しした。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円41銭から131円75銭、ユーロ・円は134円02銭から135円23銭、ユーロ・ドルは1.0252ドルから1.0293ドル。