2日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、131円付近に値を戻している。米10年債利回りは下げ渋り、ドル売りは後退。ドルは値ごろ感から買戻しが強まり、対主要通貨で上昇基調に。一方、株安観測を受けリスク回避的な円買いに振れ、ドルの戻りを抑える。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は130円41銭から131円75銭、ユーロ・円は134円02銭から135円23銭、ユーロ・ドルは1.0252ドルから1.0293ドル。