3日午前の東京市場でドル・円は133円60銭台で推移。一時133円90銭まで買われており、ドルを買い戻す動きが広がっている。米長期金利の反発を受けて安全逃避的な円買いは縮小。新たなドル売り材料が提供されない場合、ドル・円は133円台前半で下げ渋る状態が続く可能性がある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円87銭−133円90銭、ユーロ・ドルは、1.0155ドル−1.0175ドル。ユーロ・円は135円13銭−135円97銭。