3日午後の東京市場でドル・円は133円付近と、底堅い値動きが続く。米10年債利回りはほぼ横ばいとなり、ドル買いは入りづらい。一方、アジア株は高安まちまちだが、米株式先物は堅調地合いで、今晩の株高を期待した円売りが主要通貨を支える。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円29銭から133円90銭、ユーロ・円は134円85銭から136円00銭、ユーロ・ドルは1.0150ドルから1.0193ドル。