3日午後の東京市場でドル・円は133円10銭台と、ほぼ変わらずの値動き。欧州勢とみられるユーロの買戻しが強まり、ドルをやや下押しする。一方、ユーロ・円がクロス円をけん引し、ドル・円をサポート。米金利は底堅いものの、ドル買いは入りづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円29銭から133円90銭、ユーロ・円は134円85銭から136円00銭、ユーロ・ドルは1.0150ドルから1.0193ドル。