NY外為市場でドル・円は134円33銭で上値を試す展開が継続した。連邦公開市場委員会(FOMC)の大幅利上げを再び織り込み日米金利差拡大観測を受けたドル買いが加速。



一目均衡表の雲を再び上抜けたほか、転換線の134円185銭も突破。50日移動平均水準の134円61銭や心理的節目の135円を試す展開となった。