■NY株式:NYダ416ドル高、景気後退懸念が和らぐ



ダウ平均は416.33ドル高の32812.50ドル、ナスダックは319.40ポイント高の12668.16で取引を終了した。セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューで、国内経済が景気後退ではないとしたため、懸念緩和に伴う買戻しに寄り付き後、上昇。さらに、7月ISM非製造業景況指数が予想外に改善し4月来の高水準となったことも景気への懸念を一部払しょくし一段の買いに繋がった。金利動向も安定し、ハイテク株の買いが続いたことも、相場を後押し。引けにかけ、主要株式指数は上げ幅を拡大した。セクタ—別ではテクノロジー・ハード機器、小売りの上昇が目立った。



コーヒーチェーンのスターバックス(SBUX)は四半期決算で、中国の経済封鎖による売上減少も国内の強い売上が相殺し、純売上が予想を上回り、上昇。オンライン決済会社のペイパル(PYPL)は第2四半期決算で内容が予想を上回ったほか、見通しを引上げ、さらに、アクティビスト(物言う投資家)で知られるエリオットマネジメントとの情報共有で合意、150億ドル規模の自社株買い計画やコスト削減などの企業再編策が好感され大幅上昇。ヘルスケアのCVSヘルス(CVS)は第2四半期決算が予想を上回ったほか、新型コロナ検査キット、風邪薬などの売り上げが強く既存店売上が前年同期比で8%増を発表し、上昇した。バイオのモデルナ(MRNA)も第2四半期決算の内容が予想を上回ったほか、30億ドル規模の自社株買い計画を発表し、上昇。一方で、旅行情報・予約サイト運営のエアビー・アンド・ビー(ABNB)は第2四半期決算で収益が予想を下回り売られた。



カジノ経営のMGMリゾーツ(MGM)は取引終了後に決算を発表。強い需要が奏功し四半期での過去最高益を記録し、時間外取引で買われている。



Horiko Capital Management LLC





■NY為替:ドル・円は一時134円55銭、米経済指標改善で大幅利上げ観測強まる



3日のニューヨーク外為市場でドル・円は、133円50銭から134円55銭まで上昇し、133円87銭で引けた。米7月ISM非製造業指数は悪化予想に反して6月から改善し、4月来で最高となったほか、7月サービス業PMI改定値や6月製造業受注も軒並み予想を上回ったため景気後退懸念が後退。さらに、ブラード・セントルイス連銀総裁が現在は景気後退ではなく、インフレ制御には年末までに4%近くまで金利を引き上げるべきとしたほか、デイリー米サンフランシスコ連銀総裁も利上げの継続の必要性を強調したため、大幅利上げを織り込むドル買いが一段と強まった。



ユーロ・ドルは1.0195ドルから1.0123ドルまで下落し、1.0170ドルで引けた。欧米金利差拡大観測に伴うユーロ売り・ドル買いが強まった。ユーロ・円は135円80銭から136円42銭まで上昇。ポンド・ドルは1.2197ドルから1.2101ドルまで下落した。ドル・スイスは0.9583フランから0.9651フランまで上昇した。





■NY原油:反落で90.66ドル、世界経済の減速予想などを嫌気



NY原油先物9月限は反落(NYMEX原油9月限終値:90.66 ↓3.76)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は、前営業日比-3.76ドルの90.66ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは90.38ドル-96.57ドル。ニューヨーク市場の序盤にかけて96.57ドルまで買われたが、原油在庫の増加や世界経済の減速予想などを意識した売りが強まり、通常取引終了後の時間外取引で一時90.38ドルまで下げる展開となった。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  33.64ドル   +0.60ドル(+1.82%)

モルガン・スタンレー(MS) 85.05ドル   +1.52ドル(+1.82%)

ゴールドマン・サックス(GS)333.17ドル  +5.29ドル(+1.61%)

インテル(INTC)        36.52ドル   +0.51ドル(+1.42%)

アップル(AAPL)        166.13ドル  +6.12ドル(+3.82%)

アルファベット(GOOG)    118.78ドル  +2.88ドル(+2.48%)

メタ(META)           168.80ドル  +8.61ドル(+5.37%)

キャタピラー(CAT)      182.87ドル  -0.64ドル(-0.35%)

アルコア(AA)         48.49ドル   +0.15ドル(+0.31%)

ウォルマート(WMT)      130.50ドル  -2.18ドル(-1.64%)