4日午後の東京市場でドル・円は133円70銭台と、こう着した値動き。足元で発表されたユーロ圏の経済指標は強弱まちまちで、積極的なユーロ買いは入りづらい。一方、米連邦準備制度理事会(FRB)当局者は引き締めに前向きで、ドル売りは後退している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は133円43銭から134円13銭、ユーロ・円は135円65銭から136円27銭、ユーロ・ドルは1.0154ドルから1.0176ドル。