NY外為市場ではアジアの地政学的リスク上昇で、リスク回避の円買いが優勢となった。ドル・円は133円84銭から133円05銭まで下落。ユーロ・円は136円24銭から135円台後半に反落した。ポンド円は161円12銭まで下落し日中安値を更新。



防衛省は、ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、台湾を包囲した軍事演習中の中国が試射したミサイルが台湾上空通過の可能性が高いと発表。



ダウは一時100ドル超安。米国債相場も堅調に推移。10年債利回りは2.67%で推移した。