5日午後の東京市場でドル・円は上げ渋り、133円10銭台にやや値を下げた。15時に発表されたドイツの鉱工業生産は前月比で予想を上回り、ユーロ・ドルが小幅に持ち直した。一方、米10年債利回りはほぼ横ばいで推移し、引き続きドル買いは入りづらい。



ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円52銭から133円47銭、ユーロ・円は135円81銭から136円55銭、ユーロ・ドルは1.0223ドルから1.0252ドル。