8日午前の東京市場でドル・円は135円40銭台で推移。一時135円46銭まで買われている。利食い目的のドル売りは一巡しており、新たなドル売り材料が提供されない場合、ドル・円は135円近辺で下げ渋る状態がしばらく続くとの見方は変わっていないよだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は135円00銭−135円46銭、ユーロ・ドルは、1.0160ドル−1.0177ドル。ユーロ・円は137円34銭−137円66銭。