8日のニューヨーク外為市場でドル・円は、134円36銭まで下落後、135円11銭まで上昇し、135円05銭で引けた。米国の消費者物価指数(CPI)や生産者物価指数(PPI)などの重要インフレ指標発表を控え調整のドル売りが優勢となったほか、7月NY連銀消費者調査の期待インフレ率が低下したため債券利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。しかし、根強い連邦準備制度理事会(FRB)の追加利上げ観測受けたドル買いに底堅い展開となった。



ユーロ・ドルは1.0185ドルから1.0222ドルまで上昇し、1.0194ドルで引けた。欧米金利差拡大観測に伴うユーロ売りが一服。ユーロ・円は137円07銭まで下落後、137円67銭まで反発。ポンド・ドルは1.2138ドルまで上昇後、1.2069ドルまで反落。ドル・スイスは0.9583フランから0.9522フランまで下落した。