9日午後の東京市場でドル・円は戻りが鈍く、134円90銭付近での推移が続く。中国軍の演習が継続して行われ、地政学リスクにより日経平均株価は前日比200円超安。日本株安を嫌気した円買いが続き、ドルやユーロなど主要通貨の戻りを抑えているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円67銭から135円04銭、ユーロ・円は137円27銭から137円73銭、ユーロ・ドルは1.0186ドルから1.0211ドル。