10日午後の東京市場でドル・円は一時134円89銭まで下げたが、足元は135円付近で推移する。中国と台湾の緊張が高まるなか、日経平均株価や上海総合指数などアジア株安に振れリスクを意識した円買い振れやすい。ただ、円買いは一服し、足元は様子見ムードに。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円89銭から135円30銭、ユーロ・円は137円79銭から138円09銭、ユーロ・ドルは1.0203ドルから1.0219ドル。