欧州市場でドル・円は弱含み、134円80銭台に値を下げた。米10年債利回りの低下を受け、ややドル売りに振れている。前日売られた欧州通貨は対ドルで持ち直し、ドル・円を下押し。一方、米株式先物は堅調地合いとなり、株高期待の円売りが主要通貨を支える。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円82銭から135円05銭、ユーロ・円は137円71銭から138円05銭、ユーロ・ドルは1.0202ドルから1.0230ドル。