先週末12日の米株式市場でNYダウは424.38ドル高の33761.05、ナスダック総合指数は267.28pt高の13047.19、シカゴ日経225先物は大阪日中比170円高の28710円。為替は1ドル=133.40-50円。先週末の米株式市場でインフレが消費を冷やすとの懸念が後退し、ウォルト・ディズニーなど消費関連株が上昇しており、今日の東京市場でもファーストリテ<9983>やOLC<4661>などの消費関連株に資金が向かいやすいだろう。また、先週末の米株式市場ではハイテク株も堅調で、ナスダック総合指数の上昇率が2%を超え、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が3%近い上げとなったことから、キーエンス<6861>などのハイテク株や東エレク<8035>などの半導体関連株も上昇しそうだ。国内要因では、「原発のさらなる再稼働が重要だ」との西村経産相の考えが伝えられ、日製鋼<5631>など原発関連銘柄が注目される可能性もある。個別の材料では引き続き決算発表銘柄への関心が高く、好決算を発表したパンパシHD<7532>、マツキヨココ<3088>、ダブルスタンダード<3925>、業績予想を上昇修正したJトラスト<8508>、恵和<4251>などが物色されそうだ。一方、低調な決算を発表したブイキューブ<3681>、ワイエイシイHD<6298>、業績予想を下方修正したスノーピーク<7816>、ペッパー<3053>、フリュー<6238>などは軟調な展開となるだろう。