15日午後の東京市場でドル・円は133円20銭付近と、ほぼ変わらずの値動き。日経平均株価は前週末比300円超高と堅調地合いを維持し、本日の取引を終えた。ただ、ドル買い基調が強まるなか主要通貨は対ドルで弱含み、対円でも値を下げている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円92銭から133円60銭、ユーロ・円は136円46銭から137円07銭、ユーロ・ドルは1.0240ドルから1.0268ドル。