16日午後の東京市場でドル・円は大幅高となり、一時133円80銭まで上値を伸ばした。米2年債利回りがやや上昇基調に振れ、ドルは全面高の展開に。欧州やオセアニアの主要通貨は対ドルで弱含だが、クロス円はドル・円が支えている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は132円94銭から133円80銭、ユーロ・円は134円95銭から135円63銭、ユーロ・ドルは1.0134ドルから1.0169ドル。