18日の東京市場でドル・円はしっかり。高値警戒感からドル売りが先行し、午前中に135円台から134円74銭まで下げる場面もあった。ただ、その後は米金利先高観でドル買い基調に振れ、135円台に再浮上。朝方の高値を上抜け、午後は135円42銭まで上昇した。



・ユーロ・円は137円15銭から137円69銭まで上昇した。

・ユーロ・ドルは1.0193ドルから1.0149ドルまで値を下げた。



・17時時点:ドル・円135円20-30銭、ユーロ・円137円60-70銭

・日経平均株価:始値28,957.40円、高値28,999.64円、安値28,846.52円、終値28,942.14円(前日比280.63円安)



【要人発言】

・シュナーベル欧州中銀(ECB)専務理事

「インフレ見通しは改善していない」



【経済指標】

・豪・7月失業率:3.4%(予想:3.5%、6月:3.5%)

・豪・7月雇用者数増減:-4.09万人(予想:+2.50万人、6月:+8.84万人)