26日午前の東京市場でドル・円は136円70銭台で推移。ドルは底堅い動きを見せているが、日本時間夜に米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演が予定されており、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く可能性もある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円42銭−136円79銭、ユーロ・ドルは、0.9963ドル−0.9977ドル。ユーロ・円は136円09銭−136円26銭。