26日午後の東京市場でドル・円は強含み、137円円台に浮上した。前日大きく低下した米10年債利回りの持ち直しを受け、ややドル買いに振れやすい。ユーロ・ドルは0.99ドル台半ばに下げたが、ユーロ・円はドル・円に追随して136円半ばに値を上げた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円42銭から137円12銭、ユーロ・円は136円09銭から136円52銭、ユーロ・ドルは0.9946ドルから0.9977ドル。