29日午前の東京市場でドル・円は138円30銭台で推移。ドルは底堅い動きを保っており、138円35銭まで買われており、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受けて主要通貨に対するドル買いが優勢となっている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は137円03銭−137円48銭、ユーロ・ドルは、0.9935ドル−0.9968ドル。ユーロ・円は136円09銭−136円26銭。