30日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)による引き締め長期化観測で、ドル買い地合いは継続の見通し。ただ、24年ぶり高値圏の139円台では売りが強まり、上値の重さが意識されそうだ。



前日の取引でドルは高値圏警戒感から売りが先行したが、米10年債利回りは高水準で推移しドルは売りづらい地合いとなった。一方、欧州の天然ガス価格の高騰への対応が期待され、ユーロ・ドルは1.00ドル台前半を回復しドル・円の上昇を抑制。本日アジア市場でドル・円は人民元の値動きに反応し138円前半に下げる場面もあったが、米金利の先高観からドル買いが継続。また、日本株高でリスク回避の円買いは後退しドルを支えた。



この後の海外市場は引き続きドル買い基調に振れやすい展開となりそうだ。パウエルFRB議長が26日講演でインフレ抑止のため引き締め政策を堅持する方針を示し、金利高を手がかりにドル買い地合いの継続が見込まれる。また、今晩発表の米消費者信頼感指数は前月から改善が予想され、景気減速懸念の一服でドル売りは縮小しよう。ただ、ドル・円は7月に付けた24年ぶり高値の139円38銭が意識され、目先は利益確定売りが重石となる。



【今日の欧米市場の予定】

・17:30 英・7月住宅ローン承認件数(予想:6.20万件、6月:6.37万件)

・18:00 ユーロ圏・8月景況感指数(予想:98.0、7月:99.0)

・21:00 独・8月消費者物価指数速報値(前年比予想:+7.8%、7月:+7.5%)

・21:30 カナダ・4-6月期経常収支(予想:+68.0億加ドル、1-3月期:+50.3億加ドル)

・22:00 米・6月FHFA住宅価格指数(前月比予想:+0.8%、5月:+1.4%)

・22:00 米・6月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数(前年比予想:+19.20%、5月:+20.50%)

・23:00 米・7月JOLT求人件数(予想:1047.5万件、6月:1069.8万件)

・23:00 米・8月消費者信頼感指数(予想:97.7、7月:95.7)

・24:00 ウィリアムズNY連銀総裁質疑応答(米経済見通し)