欧州市場でドル・円は伸び悩み、138円70銭台で推移。米10年債利回りの先高観でドル買いに振れやすいが、材料難で上昇はいったん収束した。一方、ユーロ・ドルは天然ガス価格の高騰が嫌気され下押し圧力が続くものの、足元で売りは一服したようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円53銭から138円88銭、ユーロ・円は138円27銭から138円94銭、ユーロ・ドルは0.9971ドルから1.0026ドル。