1日午前の東京市場でドル・円はしっかりの値動きで24年ぶり高値を上抜け、一時139円68銭まで値を切り上げた。7月高値をブレークし、弾みがついた。米10年債利回りの高水準での推移でドル買い地合いが継続し、ドルは主要通貨に対して強含む展開。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円86銭から139円68銭、ユーロ・円は139円59銭から140円00銭、ユーロ・ドルは1.0020ドルから1.0057ドル。



【要人発言】

・ローガン米ダラス連銀総裁

「我々の最優先課題は物価安定の回復」



【経済指標】

・日・4-6月期法人企業統計調査・全産業設備投資:前年比+4.6%(予想:+3.0%、1-3月期:+3.0%)

・中・8月財新製造業PMI:49.5(予想:50.0、7月:50.4)