1日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、139円半ばでのもみ合いが続く。具体的な手がかりが乏しく、全般的に動意が薄い。米10年債利回りの上げ渋りでドル買いは入りづらい地合いだが、株安の一服でリスク回避の円買いは後退したようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円86銭から139円68銭、ユーロ・円は139円59銭から140円00銭、ユーロ・ドルは1.0010ドルから1.0057ドル。