欧州市場でドル・円は底堅い値動きとなり、139円付近に下げた後は小幅に戻した。米10年債利回りの上げ渋りで、引き続きドルへの買いは入りづらく、ユーロ・ドルは1.0030ドル台に上昇。一方で、ドル・円は下押し圧力がかかりやすいが、139円台を維持する。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は139円08銭から139円34銭、ユーロ・円は139円56銭から139円87銭、ユーロ・ドルは1.0023ドルから1.0048ドル。