<円債市場>

長期国債先物2022年9月限

寄付149円29銭 高値149円35銭 安値149円21銭 引け149円27銭

売買高総計14231枚



2年 440回 -0.080%

5年 153回  0.015%

10年 367回  0.235%

20年 181回  0.900%



債券先物9月限は、149円29銭で取引を開始。前日NY市場での米長期金利の一段の上昇を受けて売りが優勢になり、149円35銭から149円21銭まで下げた。後半は米国の8月雇用統計発表待ちムードのなかで買い戻しがみられた。現物債の取引では、2年債、5年債、10年債が買われ、20年債が売られた。



<米国債概況>

2年債は3.50%、10年債は3.25%、30年債は3.36%近辺で推移。

債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は1.58%、英国債は2.92%、オーストラリア10年債は3.64%、NZ10年債は3.96%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・18:00 ユーロ圏・7月生産者物価指数(前年比予想:+37.3%、6月:+35.8%)

・21:30 米・8月非農業部門雇用者数(予想:+29.8万人、7月:+52.8万人)

・21:30 米・8月失業率(予想:3.5%、7月:3.5%)

・21:30 米・8月平均時給(前年比予想:+5.3%、7月:+5.2%)

・23:00 米・7月製造業受注(前月比予想:+0.2%、6月:+2.0%)

・23:00 米・7月耐久財受注改定値(前月比予想:0.0%、速報値:0.0%)