日経平均は7円高(13時50分現在)。日経平均寄与度では、第一三共<4568>、ファナック<6954>、東エレク<8035>などがプラス寄与上位となっており、一方、ダイキン<6367>、リクルートHD<6098>、バンナムHD<7832>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、精密機器、鉄鋼、医薬品、非鉄金属、繊維製品が値上がり率上位、サービス業、海運業、電気・ガス業、空運業、パルプ・紙が値下がり率上位となっている。



日経平均は方向感の定まらない動きが続いている。日経平均が心理的な節目とされる27500円や、27400円台後半に位置する200日移動平均線を割り込まず底堅く推移していることから下値は堅いとの見方がある一方、今週末に株価指数先物・オプション9月物の特別清算指数(SQ)算出を控え、持ち高調整の先物売りを警戒する向きもあるようだ。