日経平均は0.48円高(14時10分現在)。日経平均寄与度では、第一三共<4568>、TDK<6762>、ファナック<6954>などがプラス寄与上位となっており、一方、ダイキン<6367>、リクルートHD<6098>、バンナムHD<7832>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、精密機器、鉄鋼、医薬品、繊維製品、非鉄金属が値上がり率上位、サービス業、海運業、電気・ガス業、空運業、パルプ・紙が値下がり率上位となっている。



日経平均は昨日終値近辺での動きが続いている。昨日の米市場が休場だったことで手掛かり材料に乏しいことに加え、祝日明けの今晩の米国市場から機関投資家の多くが夏休みから戻ってくる予定で、今晩以降の米国市場の動きを見極めたいとして、やや模様眺めムードが広がっているようだ。