7日午前の東京市場でドル・円は143円20銭台で推移。朝方に143円55銭まで買われたが、ポジション調整的なドル買いは一巡しており、143円近辺まで下げている。ただ、日米金利差拡大の思惑は後退していないことから、ドル・円は142円台後半から143円近辺で下げ渋る可能性は残されている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円71銭−143円55銭、ユーロ・ドルは、0.9891ドル−0.9910ドル。ユーロ・円は141円37銭−142円06銭。