7日午後の東京市場でドル・円は一時144円38銭まで値を切り上げた後、上昇一服で144円付近に失速した。ただ、ドル買い基調は変わらず、なお底堅く推移する。クロス円も買いはいったん収束したが、引き続きドル・円に追随した値動きが予想される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円71銭から144円38銭、ユーロ・円は141円37銭から142円66銭、ユーロ・ドルは0.9878ドルから0.9910ドル。