<円債市場>

長期国債先物2022年9月限

寄付149円05銭 高値149円29銭 安値148円79銭 引け149円27銭

売買高総計22390枚



2年 440回 -0.085%

5年 153回  0.025%

10年 367回  0.240%

20年 181回  0.935%



債券先物9月限は、149円05銭で取引を開始。前日NY市場で米FRBの大幅利上げ継続観測から長期金利が一段と上昇した動きを受けて売りが先行し、148円79銭まで下げた。その後、日銀の通常国債買い入れオペでの一部増額(残存期間5年超10年以下)や指し値オペが下支えとなり、買い戻しが優勢になったとみられ、149円29銭まで上げた。現物債の取引では、2年債と10年債が買われ、5年債と20年債が売られた。



<米国債概況>

2年債は3.45%、10年債は3.31%、30年債は3.46%近辺で推移。

債券利回りは低下。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は1.58%、英国債は3.04%、オーストラリア10年債は3.70%、NZ10年債は4.08%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・18:00 ユーロ圏・4-6月期GDP確報値(前年比予想:+3.9%、改定値:+3.9%)

・18:00 ベイリー英中銀総裁ら議会証言

・21:30 米・7月貿易収支(予想:-702億ドル、6月:-796億ドル)

・21:30 カナダ・7月貿易収支(予想:+37.8億加ドル、6月:+50.5億加ドル)

・22:00 バーキン米リッチモンド連銀総裁質疑応答(MIT)

・23:00 カナダ中銀が政策金利発表(0.75ポイント引き上げ予想)

・23:00 メスター米クリーブランド連銀総裁オンライン講演

・01:40 ブレイナード米FRB副議長討論会参加(経済見通しと金融政策)

・03:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)公表

・03:00 バー米FRB副議長講演(金融システム関連)