8日午前の東京市場でドル・円は144円10銭台で推移。朝方に143円73銭まで下げたが、日米金利差拡大を想定したドル買いは続いており、一時144円55銭まで戻した。米長期金利は伸び悩んでいるものの、新たなドル売り材料が提供されない場合、ドル・円は主に144円台前半でもみ合う可能性が高いとみられている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円73銭−144円55銭、ユーロ・ドルは、0.9983ドル−1.0013ドル。ユーロ・円は143円72銭−144円32銭。