欧州市場でドル・円は戻りが鈍く、143円70銭付近でのもみ合いが続く。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長はこの後の討論会に参加し、引き締め長期化の方針を示すとみられる。足元は調整のドル売りに振れ、ユーロ・ドルは1.00ドル台に戻した。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円42銭から144円15銭、ユーロ・円は143円31銭から144円10銭、ユーロ・ドルは0.9978ドルから1.0017ドル。